PRESENT&EVENT

メセナ・ガラパーティ参加者募集!
Update:
2018/10/26

ラグジュアリー メディア グループ 5誌合同企画

メセナ・ガラパーティ参加者募集!

2008年より継続してきた25ansチャリティーガラパーティは、昨年、ハースト婦人画報社の女性誌4誌の合同企画として開催されました。2019年には「メセナ・ガラ」として、さらにスケールアップする予定です。 
今回も日本の伝統文化や芸術を守ることを目的とし、パーティの収益の一部は、現代美術作家・杉本博司さんが設立した「公益財団法人小田原文化財団」に寄付。メセナ・ガラは小田原文化財団の多彩な活動の魅力やそれを生み出す背景や思い、世界観を堪能できる一夜となります。ぜひご賛同くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
日時●2019年1月28日(月) 18時~22時半(予定) 
会場●グランド ハイアット 東京(東京都港区六本木6-10-3) 
寄付先●公益財団法人小田原文化財団 
募集人数●300名様 
ドレスコード●男性/タキシード 女性/きもの、イブニングドレス 
参加費●おひとり様 ¥40,000(税込)  テーブル購入¥350,000(税込) 
※「テーブル購入」の場合は、1テーブル=10席分をまとめてのご購入となります。  
参加費のうち、お一人様¥10,000を 「公益財団法人小田原文化財団」に寄付。

応募締切: 2018年12月9日(日) 着信有効 
当選連絡: 当選者へは12月中旬にメールまたは電話にてご連絡いたします。 
※参加費は事前振り込みとさせていただきます。 
入金確認後、ご案内状をお送りいたします。 
お問い合わせ先:ハースト婦人画報社 イベント担当  

vc1812_gala_01_05

(左)杉本博司さんPROFILE●すぎもと・ひろし●1948年生まれ。’70年に渡米し、現在はニューヨーク在住。写真作品の「劇場」や「海景」シリーズで世界的に有名になり、その他、彫刻、インスタレーション、建築、料理と多岐にわたる分野で活動中。作品では時間の性質、人間の知覚、意識の起源といったものが探求されている。2017年には文化功労者に選出された他、受賞多数。
(右)冬至光遥拝隧道と光学硝子舞台。冬至を祭ることが、人類が意識を持ち得たきっかけになったことに着目。太古の人も見たであろう景色を再現するために、構想されました。

Realization : KYOKO TAKAHASHI

※本イベントはお酒をご提供するため、未成年者のご入場は固くお断り申し上げます。 ※ご記入いただいた個人情報およびアンケートの回答は、ハースト婦人画報社にて管理し、当選のご連絡や案内状発送、イベント運営管理上に必要な手続きに利用するとともに、個人が特定できない統計データとして、より良い誌面・サイトを作るため、および弊社のマーケティング活動のための参考資料とさせていただきます。利用目的にご同意のうえ、お申し込みください。なお、弊社の個人情報の取り扱いにつきましては、以下のウェブサイトをご覧ください。 ※本イベント中または本イベントへの参加の行程における安全管理は、参加者自らが十分に注意して行うものとします。本イベント中にまたは本イベントの参加の行程で発生した、事故、けが、疾病、所持品の紛失または破損等による一切の損害について、主催者は、主催者の責めにより発生した損害を除き、一切責任を負いかねます。 
※イベント当日は、カメラ取材が入ります。イベントの模様は、「ラグジュアリーメディアグループ」の本誌及びウェブサイト、SNSなどで使用される可能性があるほか、当イベントの協賛会社の刊行物、ウェブサイトなどに掲載される可能性がございます。予めご了承ください。 ※ご同伴の方の個人情報については、ご了承をいただいたうえでご記入ください。

Pategop