PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

ロイヤルツアー中、ハリー王子&メーガン妃があかしたベビー話

Photos:Getty Images

ロイヤルツアー中、ハリー王子&メーガン妃があかしたベビー話

4カ国を周るロイヤルツアーも無事終了し、ただ今ほっと一息、リラックス中だと思しきハリー王子とメーガン妃。
思い起こせば、今回のツアーは、ご懐妊発表というビッグニュースでスタート。
最初の訪問国、オーストラリアに到着されたタイミングで、公式にご懐妊を発表されたことで、もちろん行く先々で祝福の声やプレゼントが贈られたおふたり。
 

GettyImages-1052213092

おそらく、体調やセキュリティの面から、到着後を選ばれたのだと推測しますが、結果、ロイヤルツアーに対する大きな注目という意味でも貢献したかたちに。
事前アナウンスメントのおかげで、トンガ王国やフィジーなど、ジカ熱の心配がある場所を含め、メーガン妃の体調を見ながら公務に臨むことができたことも、良かったといえるでしょう。

そんなツアーの最中、やはり会話の中にベビーの話題は欠かせなかったもよう。
まずは、来年父となるご当人ハリー王子は、ご懐妊発表後シドニーで行われた初のスピーチで、「ここほど相応しい場所はなかっただろうと思うほど、この地で発表が出来たことを心からうれしく思っています。」と、ご自身が立ち上げられた肝入りイベント、インヴィクタス ゲームの開催地で発表が出来たことを、およろこびになっているコメントをされました。

一方、初めての妊娠、そして海外ツアーにも臨まれたメーガン妃も、公務中、同じく妊娠中の女性との会話の中で、「妊娠って、時差ボケ中のようなものですね。今朝も朝4時半に目が覚めてしまって、眠れないのでヨガをしたんです。」と話されたそう。
実際のところ、妊娠せずとも時差ボケの可能性は大なのに、それがダブルで、と思うと、相当キツそう、ですね。
しかしながら、それでヨガ、というところが、さすがメーガン妃!

そして、ハリー王子はベビーの性別に関してのコメントも!
沿道に集まった熱狂的なファンたちの中のひとりの男性から、「僕は、女の子を希望!」と叫ぶ声を聞かれた王子は、「僕もそう願うよ。」と、歩きながらも返答を。
ファンの望みにあえて同意されただけなのか、それとも本意?と、真意のほどを疑ぐりつつ、きっと本心は、どちらでも! なのでしょう、と勝手に想像(笑)。
ハリー王子が、とっても子煩悩で素敵なパパになられることだけは、絶対間違いないでしょう。

そんな王子が、現在4ヶ月弱のベビーのことをなんと呼んでいらっしゃるかも、あきらかに!
ニュージーランドの国立公園で、雨の中スピーチをされたハリー王子。
「予報によると、もっと悪天候が予測されていたので、僕たちが今ここに立てていることはとても幸運に思っています。この雨は天の恵みであり、僕たちが大地と繋がっていることを思い起こさせてくれます。妻、僕、そして僕らの“リトル バンプ”と、ここにいられることを、とてもうれしく思っています。」
そう、“リトル バンプ”と呼んでいらっしゃるようですね。
日本語に訳すと難しいですが、“ポッコリちゃん”という感じ?
あま〜い名前ではなく、ちょっぴり笑える名前であるところが、なんだかハリー王子らしい、気も。

28日には、初めてメーガン妃がマタニティ対応のASOSのドレスを着用されました。ここといえば、キャサリン妃も妊娠中、こちらで購入され、愛用されていましたね。
ご結婚以来、ハイブランドが中心のメーガン妃ですが、今後マタニティファッションに何らかの変化があるのか、そちらも注目です。

ハリー王子&メーガン妃が公務の最中、外でずっとおふたりを待っていた子供たちを見て、先ほどご自分たちに提供されたケーキが残っているかを聞きに戻られ、それらを子供たちに食べさせてあげるようお願いをされたメーガン妃。
人権活動家としてのこれまでにくわえ、子供たちに対する深い想いも、より増したようにお見受けした、ツアー中のメーガン妃でした。 
 

GettyImages-1054758918

キャサリン妃の時同様、またまた英国では、誕生日に性別、お名前と、出産日に至るまで、予想や賭けで盛り上がり続けます。

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)