LIFESTYLE

チャリティ
Update:
2018/06/12

2030年、私たちと地球のより良い未来のために

【SDGsって何ですか?】尼神インターさん

2030年に向けてより良い世界を実現するために国連が掲げた目標「SDGs」。具体的に、どんな取り組みが行われているの? そんな疑問に応えて、毎月気になる人にインタビューします!

“みんなが「一日一善」をすれば世の中は変わると思います!” 
編集部(以下、編)●SDGsのゴールのひとつにジェンダー平等がありますが、今、大注目されているお二人が、女性芸人として働きづらさを感じることはありますか?
誠子さん(以下、誠)●着替える場所やトイレが少ないなど、平等ではないことがありますが、芸人なのでそれもネタにしてしまおうと、考えます。でも、男性芸人は人気が出るとモテるのに、女性芸人はモテないのは不平等だと思います(笑)!
渚さん(以下、渚)●今まで自分に彼ができないのは芸人だから、ということにしてない?
誠●渚がビジュアルが良いのに彼ができないのも、芸人をやってるから。女芸人はモテないという固定観念に、私、完全にすがってます…。
編●ほかに注目する目標は?
渚●ゴール16の世界平和がいちばん気になります。私、ニュースは見ないんです。日本の総理大臣の名前も知らないくらい。だから世界情勢とかあまりわかりませんが、みんなが「一日一善」の意識をもって、今よりひとつ上のレベルで他者に優しくするようにすれば、世の中は変わるのではないかと思います。
誠●そやな。でも、自分に余裕がないと他人に気持ちがいかなくなるから、注意しています。現場ですべると昔は100%受け止めて気分が落ちていたけれど、今は「こんな日もあるさ」とコントロールできるようになりました。
渚●私は余裕がなくなると独り言が多くなり、即、マネージャーさんに「スケジュールがぎゅうぎゅうですね」と言います。あとは、優しい人と飲みに行って「一日一善」をしてもらいます。
誠●確かに、自分がいっぱいいっぱいなときは優しい人と一緒だと癒される。それから面白い人も! だから芸人とご飯を食べに行くことが多いですね。
編●SDGsを達成するために、今日からできることはあると思いますか?
渚●やっぱり自分が毎日平穏に、楽しく過ごすことが大切かと…。
誠●ある女優さんが使わなくなった衣類を送ってアフリカを支援していると聞いて、「女優なのに捨てへんのや!」と驚きました。私も使わなくなった衣装とか乳首洗濯バサミとか送ったら役に立つんでしょうか。ならば、 私も女優さんとまったく同じことをしよう!と、思ってます。 
 
※SDGs(=Sustainable Development Goals) 
SDGsについてもっと知りたい人はこちらへ⇒

Photos : TOMO KADOI Realization : KYOKO TAKAHASHI from 25ans July Issue 2018

尼神インター●誠子さん(左)1988年兵庫県生まれ。渚さん(右)1984年兵庫県生まれ。大阪NSC30期生時代に出会い、2007年にコンビを結成。ぶりっ子でイタイ女性を演じる誠子とヤンキーの渚といった個性的なキャラクターでお茶の間の人気に。第32回ABCお笑い新人グランプリ新人賞受賞(’11年)、第46回上方漫才大賞新人賞候補(’11年)。

Pategop