LIFESTYLE

Update:

神田うの、のエレママ対談

第12回 ゲストは伊東美咲さん

神田うのさんがママ友と語り合う連載も、いよいよ最終回。ラストを飾るゲストは、女優の伊東美咲さんです。1年半、先輩ママである美咲さんとうのさん。2人は文字どおりエレママ同士、しかもご主人同士も仲が良く、家族ぐるみで交流があっていろいろなおしゃべりをする仲です。今日は近い年齢の娘をもつ母らしい話題で盛り上がりました。

伊東美咲さんの子育て語録

01/05

伊東美咲さんの子育て語録

語録1
娘は今3歳と3カ月。これからどんどん言葉を覚えていきます。親として、きれいな日本語を使って会話をしなければ、そう思っています。
 
お嬢さんと一緒にいる時間が最も長い母として「子どもは常に見ています。私が一番の見本になってしまうから」と、立ち居ふるまいにはいつも気を遣っていると話す伊東美咲さん。特に今、3歳という言葉を覚える時期なので「きれいな言葉遣いには特別に気を配っています」とのこと。毎晩、必ず行っている本の読み聞かせもその一環です。するとうのさんも「うっかり赤ちゃん言葉で話しかけると、母に、ちゃんとレディとして扱ってくださいと諭された」エピソードを披露。きれいな日本語を話す子どもに育てたいという思いで共通しているおふたりです。
 
語録2
子どもがプレスクールに行っている間など、少しですが時間を見つけて体のメインテナンスはしています。年齢と共に、多少は意識していかないといけませんから。
 
出産以後、母親業、妻業を優先している伊東さん。ファッション撮影も久しぶりとのことですが、以前とまったく変わらないプロポーション。女優として表に出ることなしに、美しさを保つ秘訣は? 「出産以降、うのちゃんにご紹介いただいた樫木先生のカーヴィングに通っていましたが、最近はなかなか通えてなくて…。でも、何かしら意識をしていかないといけない年齢…。気を許せば暴飲暴食とかして、いくらでも無残な体形になってしまう年齢でしょう。だから近くにあるプールやジムにはなるべく行くようにしています」

Photos : SHITOMICHI [vale.]
Hair & Make-up : RIHO TAKAHASHI [Three Peace](Ms.UNO KANDA), TAMAE OKANO [STORM inc.](Ms.MISAKI ITO)
Styling : MENKO NISHINO (Ms.UNO KANDA), CHIKAKO AOKI (Ms.MISAKI ITO)
Text : MIHO KASHIWABARA

お嬢さんを通わせているプレスクールを選んだ理由を伺うと。「いろいろ聞きましたが、お友達が通わせていて“すごく良かった”と言うのが決め手です。親も心を許せる、心地いいと感じるところでないと安心して通わせられませんから」
ジャケット¥171,150  ブラウス¥102,900  パンツ¥60,900(すべてクロエ/クロエ インフォメーションデスク  tel. 03-4335-1750)  ピアス¥168,000  バングル各¥438,900(すべてTASAKI  tel. 0120-111-446)
 
PROFILE●いとう・みさき●1977年福島県生まれ。'99年にアサヒビールイメージガールとして芸能界デビュー。雑誌モデルを経て、テレビや映画、CMなどで活躍。代表作は『電車男』や『海猫』など。2009年に結婚。'10年6月に女児を出産。

Pategop
www.thailand-option.com/

http://kls-agency.com.ua

kls-agency.com.ua