PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃のすべてが盛りだくさん。

エリザベス女王のバースデーコンサートでメーガンさんのベストスタイル!

Photo:Getty Images

エリザベス女王のバースデーコンサートでメーガンさんのベストスタイル!

21日(土)は、エリザベス女王92歳のお誕生日。この日、ロンドンはロイヤル アルバートホールにて、女王のバースデーコンサートが開催されました。
先週のビッグイベント、コモンウェルス(英連邦)首脳会議ウィークの最後を、連邦の長である女王のお誕生日で締めくくったかたちですね。
通常ならば、この4月の真のお誕生日にはプライベートでお過ごしになることが多い女王ですが、今年ばかりは、そうは言っていられない。コモンウェルスがロンドンに集結する年、ということで公私も交えてとっても重要な1週間となりました。

ということで、女王のお誕生日とコモンウェルスが絡んでいるとなれば、もちろんロイヤルファミリーが勢揃い!
女王を筆頭に、チャールズ皇太子にカミラ夫人、ウィリアム王子。予定日が迫っているキャサリン妃は当然欠席されましたが、メーガンさんとハリー王子はウワサ通りお姿が!
これもまた異例で前代未聞の、フィアンセというお立場での参加、となりました。
そのほか、アンドリュー王子にベアトリス王女、ユージェニー王子とフィアンセのジャック・ブルックスバンク氏も。そしてアン王女ご夫妻、アレクサンドラ王女などのお姿も。
 

GettyImages-949682082

 

ロイヤルコモンウェルス協会によって企画されたバースデーコンサートは、英国BBC1TV放送とラジオ2にてライブ中継も。同日夜8時からスタートしました。
オーストラリア出身の人気シンガー カイリー・ミノーグや、カナダのイケメンミュージシャン、ショーン・メンデス。ウェールズ出身の人気シンガーサー トム・ジョーンズやジェイミー・カラム、クレイグ・デイヴィッドに、スティングとシャギーのレアなデュオも。
連邦加盟国に関連のあるミュージシャンや音楽、演奏などによる豪華な時間となっていました。

エリザベス女王も、英国コメディアンたちによるウクレレを使った演奏中には、音楽にあわせてお顔が動くシーンも見受けられたとか。
コンサートの最後には、チャールズ皇太子とともにステージにも上がられた女王。マイクを持ったチャールズ皇太子が再び、「マミー」と女王を呼ばれ笑いを誘い、というか、まさにつかみはOK!状態。
その言葉に対し女王はビックリ。目を丸くして思わず視線も上に。そんな様子に、観客からはまた笑いが湧き起こっていました。

 
 
毎度のことながら、皇太子のジョークを上手く取り入れたさすがのトークと、女王のリアクションのよさに、驚くとともに感動します。この時私には、まるで親子コントのようにすら、見えました(笑)。
 

GettyImages-949701506

そしてエリザベス女王のファッションも、目が釘付け!
シルバーにゴールドのお花が箔押し?!?!なんでしょう、この豪華さ!何がすごいって、このゴージャスな掛け合わせに女王が負けていらっしゃるどころか、むしろシックにすら見えること。
グレーヘアだからこそ、とはいえますが、それにしても、スゴイ!
オンリーワンのスタイルとは、まさにこういうことを言うのですね、と感動しきり。

そのほか、ロイヤルズのみなさまはやはり、主役のエリザベス女王を引き立てるべく、シックなカラーが多かったですね。とはいっても、事実どんな色をお召しになろうが、女王の圧倒的な存在感に誰も勝てるはずなどありませんが。
ちなみにカミラ夫人がバーガンディ、ベアトリス王女はパープル、アン王女がシルバーグレーと、シニアのロイヤル、もしくは血縁関係のあるプリンセスのみなさまはカラーを着用。そのほか、ウェセックス伯夫人ソフィーさんやメーガンさんもネイビーをチョイス。

ソフィーさんはなんとGalvanのジャンプスーツ!
ノースリーブに、スウィートハートネックラインにの胸元など、かなりセクシーなデザイン。そしてジャンプスーツとは、スタイルに自信がないとなかなか着こなせない難しいお洋服。それを見事にサラリと着こなされているのは、さすが!肩を覆われたスカーフの配色もシックで素敵ですね。
お隣のレディ・ルイーズ令嬢は、ホブスのブルードレスに、L.K.ベネットの靴と、キャサリン妃を思わせるブランドチョイスでした。
 

GettyImages-949682114

そしてやはりこの日も大注目!はメーガンさん。
私も大興奮!なぜなら、私がずっと望んでいたドレスを着用して登場されたから♡
ネイビーのドレスは、ステラ・マッカートニーのアイコン的デザイン、ケープ型のドレス!色にデザインに、まさにこの場にぴったり!
シックで、露出を抑え、でもとってもエレガントでありながら、しかもメーガンさんらしくスタイリッシュ。
こういうスタイルを願っておりました! とってもお似合いだと思いませんか?
パンプス(マノロ・ブラニク)も同じくネイビーでスッキリ合わせ、でもアクセントは遊びのあるクラッチ。さすがわかっていらっしゃいますね、絶妙♡
スクエアのクラッチはナイーム・カーンのもので、実はこれモチーフが星座。メーガンさんは、ご自身の星「しし座」のモチーフのものをお持ちになっています。
このブランドといえば、キャサリン妃がインドをご訪問時にドレスをお召しになったことがありましたが、きっとメーガンさんも、コモンウェルス加盟国を意識されたのでしょう。
ネイビーのワントーンに、飴色のクラッチだなんて、これもセンスよすぎです。

女王を立て上品に、モードとエレガントと遊びもが融合した、しかも英・インドとコモンウェルスブランドからのこのスタイル、完璧!
私の中で現時点、これまでのメーガンさんスタイルのNo1となりました!

この日実感しましたが、ソフィーさんとメーガンさん、ファッションのテイストが似ているところがありますね。どちらもモード好きなところ。
実はすでにおふたりでファッショントークがなされているのかも、と予想。 
ロイヤルらしいコンサバも、モードもわかるソフィーさんは、キャサリン妃とメーガンさんとの中間的存在として、今後キーパーソンと成りうるかもしれません。
メーガンさんのご結婚後、一般から嫁いだこの御三方のプリンセスに注目です。

>>祝・お誕生日! エリザベス女王のこれまでを振り返り

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)

Pategop