PRINCESS

Update:

にしぐち瑞穂さんの

キャサリン妃♡Royal Diary

キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃のすべてが盛りだくさん。

シャーロット王女効果! プリンセスファッションの詳細があきらかに

Photos:Getty Images

シャーロット王女効果! プリンセスファッションの詳細があきらかに

キャサリン妃の出産でわいた、今週月曜日。真っ赤なドレスでベビーとともに登場されたキャサリン妃の美しさには、未だ信じられないほどの驚きが記憶に残っていますが、ケンブリッジ家のもうひとりのプリンセスも、この日の注目をさらい世界中をメロメロにしました。

ウィリアム王子に連れられ、リンドーウィングに到着したシャーロット王女の、まさにレディなお手振りにきゅん♡

待ち構えるメディアに対して魅せた、そのロイヤルウェーブとともに、直後からTwitter上でも、シャーロット王女にメロメロ、の声が続出。
私も今でも、何度も見つめてしまいます♡

そしてファッションアイコンとしても、やはりその地位は不動。登場から数時間で同じドレスが完売するなど、シャーロット王女効果もふたたび!
というわけで、やや遅れましたがその詳細もお伝えします。

スクールから帰宅後間もないジョージ王子のユニフォーム姿とは異なり、きっとシャーロット王女は、面会のためのおめかしをされたのでしょう。
フロックドレスにニットカーディガン、くるぶし丈の白ソックスにメリージェーンという、ザ・プリンセススタイルで登場。
ブルーのツルニチニチソウの花柄に、デイジーが刺繍された、白襟のドレスは、リトル・アリス・ロンドンのもの。
私たちの耳には初めてのブランドですが、なんとこのブランドの設立者は、マールバラ カレッジ時代キャサリン妃の同級生だった人なのだそう。故意に知り合いのブランドを愛用されているのは、それとも偶然なのかはわかりませんが。

ネイビーのノーカラーカーディガン、ソックスに、アイコンのボウのヘアピンは、かねてからご愛用のアマイアキッズ。

以前から、シャーロット王女のタイツやジョージ王子のハイソックスなども、ここアマイアキッズのものを愛用され続けていますが、娘のソックスにもこだわれるって、親として最高のぜいたくな気分ですね。小さなところ、しかも消耗の激しいアイテムを、値段を考えずに好きなだけ買ってあげられるとしたら、娘を持つ親としてはきっと最高にうれしいですよね。なんて、子供もいないのに感じたり(笑)。

憧れつつも、でももったいない、と結局思ってしまう方(きっと私も)、買えない今が十分幸せということですね(笑)。

そのほか、個人的に気づいたポイント !

その1
この日のために髪も準備万端!綺麗に切りそろえられていたようです。後ろ姿だってカンペキでした。

その2
シャーロット王女もジョージ王子も、足細い!
ふくらはぎが細いのはわかるとしても、太もももまっすぐ、細くないですか?特にシャーロット王女の膝から上が、全然ぽっちゃりしていないことに驚き。
モデル体型のよう。
ウィリアム王子も、すっかりお痩せになったし、ケンブリッジご一家でヘルシーな食生活がもはや基本となっているのでしょう。見習いたい(笑)。

それにしても、気づけばまだ3歳直前なんです、シャーロット王女。
すでにプリンセスとしての自覚たっぷり?、はたまた生まれついてのサービス精神旺盛?もしくは、アナ雪ファンでプリンセスに憧れるがゆえの、なりきりプリンセス(本物ですけど)ゆえの振る舞い?なんにせよ、手の振り方も女王とソックリ。目元だけを見ると、子供の頃のウィリアム王子とそっくりですが、お顔全体は、もはやエリザベス女王にしか見えません。

この貫禄、身のこなしも含めて、すべてが女王レベルのように思えて仕方がないのは、私だけ?

実際お家の中でもボスのごとく仕切っていると言われるシャーロット王女ですが、この時もシャーロット王女のファッションに、キャサリン妃の言葉なきメッセージが隠れていたようです。

面会での3ショットのうち、ウィリアム王子&ジョージ王子と紳士おふたりは、いつもの定番カラー、ブルースタイルでしたが、シャーロット王女までもブルーだったのはなぜ?
ピンクや赤などの英国プリンセスカラーや、春らしいイエローでもいいのに、ブルー系を選ばれたのは、新たに誕生したプリンスを喜んでお迎えする「ウェルカム カラー」を意味していたようです。やはりロイヤルファッションは語ります。

弟ができ、お姉ちゃまとなったことを、どんなにシャーロット王女が喜ばれているか、聞かずとも明らかですね。

>>祝・キャサリン妃ご出産 ジョージ王子&シャーロット王女にも注目!

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)

Pategop