PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

メーガン妃37歳のバースデー! 見せブラで結婚式に出席

Photos:Getty Images

メーガン妃37歳のバースデー! 見せブラで結婚式に出席

8月4日(土)は、メーガン妃のお誕生日!
この日、37歳となられたメーガン妃ですが、実は、エリザベス女王の母クイーンマザーと同じお誕生日だったのです!
交際スタートから2年でロイヤルウェディングというスピード婚が成就したのも、噂では女王がメーガン妃を認めていると言われる理由の裏には、もしや、こんな偶然も手伝っているとか?

昨年の同日は、もちろんまだ交際中だったメーガン妃とハリー王子。アフリカでのサファリツアーなど、大自然の中でロマンチックな時間を過ごされましたが、さて今年は??
夫婦となられて最初のバースデーは、ご友人の結婚式に出席となりました。

ハリー王子が通われていた、ルドグローブ・プリ・スクール(小学校)時代からの友人、チャーリー・ヴァン・ストラウベンジー氏と、新婦は映像制作関係のお仕事をしているデイジー・ジェンクスさん。
ウィリアム王子も同様に、新郎とはとても親しい間柄である上に、ケンブリッジご一家がムスティク島のバカンスから帰国されたという情報もあり、キャサリン妃&ウィリアム王子ご夫妻も、この日結婚式に出席されるのでは?と推測されましたが、お姿は見えず、残念!!かなり期待しておりました。
結婚式は控えられましたが、義理の妹メーガン妃のバースデーを祝うため、あわせて戻られたのかも?

サリー州の聖メアリー・ザ・ヴァージン教会に別々で到着されたハリー王子とメーガン妃。というのも、この日ハリー王子はベストマンというお役目があったから。5月のロイヤルウェディングでは、新郎チャーリーさんがハリー王子のアッシャー(新郎の介添人)のおひとりでもありました。関係の深さが感じられますね。

メーガン妃は後ほど、他の女性出席者と一緒に到着。お天気に恵まれ、猛暑のようにも見えたこの日、メーガン妃のスタイルは、一見黒かと思いきや、ダークネイビー! 
 

GettyImages-1010856466

フレンチスリーブのブラウスにライラック、ピンク、グリーンのバイカラーのプリーツが一体となったドレスは、クラブモナコのもの。軽やかな雰囲気のドレスに、同ブランドの太めのベルトをプラスされたことで、結婚式に相応しいクラシックなイメージになりました。
お帽子は愛用デザイナーのフィリップ・トレーシー。
お帽子と同じく、夏らしいストロー素材のクラッチは、カユ。そして腕に輝くゴールドのブレスレットは、英国を代表するジュエリーデザイナー、ショウン・レインのもので、ミニマルなデザインにさりげなくダイアモンドがついています。
パンプスは、先日のポロ観戦の際にも履かれていた、アクアズーラのボウ付きのポインテッドの色違い。
色違いで購入されるほど、メーガン妃のお気に入りの模様。今後、鉄板パンプスとなりそうですね。
サングラスは、カナダ在住の頃から愛用されていた、マイキータのものです。
 

GettyImages-1010887134

式が終了し、新郎新婦がキスとともに、教会の外へ。そして、なんとこのカップル、インド式のヴィンテージ人力車で去るという、なんとも可愛い演出❤️
自転車で漕いでいる側の新郎はちょっぴり大変そうですが、一方の新婦はノリノリ。女性の方が強い、英国らしい力関係が伺えますね(笑)ウェディングドレスも含め、とってもキュートで美しい花嫁さんに、アットホームで楽しそうな結婚式が印象的でした。

そのほか、この日、気になったことが2つ。
やはり、メーガン妃ファッションの色め、と言いたいところですが、ネイビーということでなんとか我慢(勝手に)。
しかし、ふとした時に、ブラウスの下からレースのブラがチラリと見えていたのは、意図的?まさかの見せブラ?ロイヤルメンバーにそれはあり?いえいえ、なしでしょう…。

そしてもうひとつは…。
なんとなくではありますが、メーガン妃のお腹がふっくらしているように見える、この日。
ポリエステル素材のプリーツという、素材上の張りが出ているのか、角度によってお腹が出ているように見えます。
 

GettyImages-1010853650

 
 

おふたりの状況や公務予定などを考えると、妊娠計画はもう少し先ではないかと推測しますが、しかしエクササイズが日課のメーガン妃に、ぽっこりお腹というのもありえないはず。
キャサリン妃の第一子ご懐妊を当てた私でしたが、さて今回はいかに。
前回登場の際には、その気配は全くなし、を考えると、単に気のせいかもしれませんが、すで妊娠説も出ていたりもするので、今後静かに注目です。

>>祝37歳! 女優→公爵夫人、メーガン妃の華麗なるおしゃれ変貌NOW&THEN

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)