PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

ジョージ王子がファッション誌で最年少のベストドレッサー入り!

Phots:Getty Images

ジョージ王子がファッション誌で最年少のベストドレッサー入り!

英国のファッションマガジン『タトラー 』が選ぶ、恒例のベストドレッサーが発表に。
2018年リスト入りしたのは30人。
俳優、ミュージシャン、デザイナー、ファッション界、社交界にビジネスなど、幅広いカテゴリーに加え、なんとロイヤルファミリーからも選ばれるというのが、印象的でビックリ。
しかも今年は、その中にジョージ王子のお名前が!!!

ロイヤル部門で選ばれた6名のうちのおひとりで、先月5歳になられたばかりのジョージ王子はもちろん、30名の中で最年少!
2013年のご誕生直後からすでにファッションアイコンと称され、登場のたびにそのスタイルに注目が。ケンジントンパレスで米オバマ前大統領との初対面では、なんとガウン姿でご挨拶!
プライベートジェットで、世界ツアーも経験済みのジェットセッターは、常にプリンスらしいスタイルが基本。
ブルー系を中心として、襟付きシャツ+ショートパンツ+ハイソックス、という、ほぼ同じ、いわばプリンスの王道スタイルですが、タトラーマガジンでは、「クリストファー・ロビン(クマのプーさんに登場する少年)のようにシック」と評しています。はたして本当に褒めてます?なんて深読みをしたくなるような、無理やり感を感じなくもないですが(笑)。

そんな息子のスタイリストで立役者、キャサリン妃もリスト入り!
お得意の、公務での着回しや、ハイブランドとプチプラをミックスした、ハイ&ローの倹約スタイルが高評価されたようですね。

そしてロイヤルファミリーのニューメンバー、メーガン妃のお名前も。
モダンでスタイリッシュなウェディングドレスでアッと言わせた後も、クールでトレンド感あるファッションが注目を集め、登場するなり、着用アイテムが完売するという経済効果を考えても、こちらも納得のリスト入り。

〝究極のパワードレス”と称されたのは、エリザベス女王。
まさに唯一無二の、鮮やかなカラーブロックコーデに、敬意が示されるとともに、当然真っ先にお名前が。
 

GettyImages-981221338

そして意外だったのが、カミラ夫人。
とはいえ、今回お帽子に称賛の声が寄せられたのが、理解できるほど、実はカミラさんの帽子愛とお似合いっぷりは、なかなかのもの。女王同様に、年齢とともに似合うものを追求され、しかも上品で華やかなデザインや被り方は、参考になります。 
 

GettyImages-961431184

最後のロイヤルメンバーは、ウィリアム王子&ハリー王子のイトコで、現在モデルとしても活躍中の、アメリア・ウィンザー嬢。容姿、スタイル、センスどれを取っても文句なし! 選ばれしメンバーと言えるでしょう。

その他、3人がリスト入りした「俳優部門」では、Netflixドラマ『ザ・クラウン』の中で、エディンバラ公を演じている、マット・スミスさんが選ばれていました。
5名が選ばれたデザイナー部門では、ジバンシィからバーバリーでの新たな活躍が期待される、リカルド・ティッシさん。そしてステラ・マッカートニーさん。
「ミュージシャン部門」からは2名。元ワンダイレクションのハリー・スタイルさん。
「ビジネス・パワー・プレーヤー部門」からは、アマル・クルーニーさんが、2人のうちのひとりとしてリスト入り。
ファッション界のファーストレディー部門(4人)では、ダフネ・ギネスさん、スーパーモデルのステラ・テナントさんなど堂々の方たちの名が。

そして最後は、とっても英国らしいカテゴリー、「社交界部門」から8名。
ただいま話題のファッションモデル、ジーン・キャンベル嬢や、ニッキー・ヒルトンなどがリスト入り。
これは私ならではのマニアック視点ですが、第7代ウェストミンスター公爵ヒュー・グローヴナーさん。この方といえば、ジョージ王子のゴッドファーザーで、若干27歳で、ウェストミンスター伯爵家の跡を継ぐことになったイケメンでしたね。
 

GettyImages-962609322

それにしても、雑誌のベストドレッサー賞に、ロイヤルというカテゴリーがあることに、そもそも感動を覚えますが、ジョージ王子が堂々のメンバー入りされたことを喜ぶと同時に、個人的には、シャーロット王女が入っていなかったこともちょっぴり残念でした…。
 
>>今、最も注目すべきロイヤルファミリー アメリア・ウィンザーとは?

>>ジョージ王子のイケメン・ゴッドファーザー

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)