PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

シャーロット王女、今秋にジョージ王子と同じスクールへ!?

Photos:Getty Images

シャーロット王女、今秋にジョージ王子と同じスクールへ!?

昨年は、ブライズメイドとして二度も世界中をキュンキュンさせたシャーロット王女。
リアル生活では、ウィルコックス・ナーサリーに通う、現在3歳のプリンセスですが、今年の秋から、兄ジョージ王子と同じスクールに通われるという情報が!
内部関係者とやらが『デイリーメール』に語ったところによると、ケンブリッジ公爵ご夫妻が、今年9月からシャーロット王女をトーマスズ・バタシー校に入学させる予定だというもの。

ジョージ王子が入学されたのは、2017年9月。その記念すべき初日、重いツワリのせいで母キャサリン妃は同行できなかったことが強く印象に残っていますが、この時ジョージ王子は4歳。そして、シャーロット王女も同様に、今年9月には4歳になっていらっしゃいます。
兄と同じく、レセプションと呼ばれる小学校の前の就学前教育の学年からスタートされることになります。

ジョージ王子の入学により、一気に世界的有名校となった、ロンドンは南西部に位置するトーマスズ・バタシー校。
1学期の学費が、6000ポンド(約86万4千円)以上のこちらのスクールでは、芸術面の環境も整っており、放課後にはフェンシングに、哲学、ガーデニングに陶芸まで、幅広いアクティビティが売り。もちろん授業や宿題も、英国らしくかなり忙しいようですが。

もちろん最重要ポイントは教育方針でしょうが、日頃から出来る限り、送り迎えもされているキャサリン妃としては、シャーロット王女とジョージ王子が同じスクールに通学となれば、1箇所で済むというのも、プラスの要因ですね。
そしてもうひとつ、トーマスズ・バタシーの利点としては、セキュリティの面も挙げられるのだそうです。 
 

GettyImages-843633692

先日も、ISISによるジョージ王子の殺害予告メッセージがSNS上で共有されていたという事件も起こったばかり。
プリンス&プリンセスの親としては、いえ、どの親も同じ、子供が安全に通える場所を選ぶ、のが最優先ですね。

実は昨年末には、ジョージ王子の中等教育をどこで受けさせるかについても、すでにキャサリン妃ご夫妻は検討中であるという話が。
しかも、これまでの王室伝統のイートン校でなく、キャサリン妃の母校マールバラを選ばれるのでは?という見方も。
ウィリアム王子&キャサリン妃ご夫妻のお考えとしては、伝統よりもその子の個性を伸ばすということを重要視され、検討されている模様です。
ロイヤルの皆さまとはいえ、こと子供の教育となると、我々と同じ、選択に正解もなければ、決定に至るまでは、とにかく悩まれるのでしょう。

少なくとも現時点までのジョージ王子を拝見するに、トーマスズ・バタシー校との相性はとっても良さそう。
メディアの前では相変わらずもシャイですが、それ以外、親戚の子供たちや同年代のお友達と一緒の時の王子といえば、すっかり3枚目キャラが際立っていくばかり(笑)。

キャサリン妃ご夫妻の期待通り、のびのびと自由に明るく成長中のジョージ王子。それゆえに、妹シャーロット王女の入園も決められたのでしょう。

気になるユニフォームも、ジョージ王子の制服と同様、ネイビーをメインに赤のラインがアクセントになったもの。ジャンパースカートに丸首カーディガン、白いソックスと、シャーロット王女にはお得意のカラー、デザインです。
ジョージ王子の同級生で親戚、マイケル オブ ケント王子の孫、モード・ウィンザーちゃんがお召しになっている、同じものを、シャーロット王女も入学された暁にはお召しになるでしょう。

2017年のジョージ王子の入学時には、ウィリアム王子と共にカメラの前で登場されましたが、どうかシャーロット王女の入学の際にも国民の前で一度!そのお姿を見せていただきたい!ですよね~。勝手に期待しつつ、秋が楽しみです!

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)