PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

ダイアナ元妃流 パパラッチを撒くファッショントリック!

Photos:Getty Images

ダイアナ元妃流 パパラッチを撒くファッショントリック!

近ごろ判明した、ダイアナ元妃が考案したパパラッチ戦略!!
それをあきらかにしたのは、7年間元妃のプライベートトレーナーを務めていた、ジェニィ・リヴェットさん。
離婚後ダイアナ元妃が足繁く通っていたのが、チェルシーにある会員制スポーツクラブ、ザ・ハーバー・クラブ。
ワークアウトはもちろん、テニスなども楽しまれたようで、ウィリアム王子&ハリー王子を連れてここでテニスを楽しまれたこともありました。
また、キャサリン妃も、ロイヤルウェディング目前の頃に通われていたと言われています。

先日、『Yahoo!』のThe Royal Boxのインタビューで、生前のダイアナ元妃や関係について、答えたジェニィさん。
当然のごとく、初対面を緊張しながら待っていたジェニィさんの目の前に現れた元妃は、「私のこのボディ、どう出来る?」とおっしゃったのだそう。

臨床栄養士としての資格も持つジェニィさんは。ご存じの通り、摂食障害も患っていたダイアナ元妃から、健康面に関することのみならず、何でも話し、相談し合いながら、信頼出来る友人へと関係を深められたそうです。   

のちに、公的にダイアナ元妃が自身の摂食障害について認められたことに対してジェニィさんは、
「ダイアナ元妃が、『見て、摂食障害をかかえてきた私なの!』とカミングアウトしたことはとても勇気のいることで、そして素晴らしいことだと思います。そのことで多くの女性たちが助けられたのよ。」 

また、結婚生活を含めプライベートな話についても、ジェニィさんが躊躇してしまうほど、ダイアナ元妃は女子トーク?!さながら、何でもお話になっていたようですね。ジェニィさんは、亡き妃とのこんな想い出話も。
「『お願いだからその話は私に聴かせないで。だって、もし明日の見出しに載ったとしたら、きっとあなたは私が喋ったって思うでしょ!』って、ときどき彼女(ダイアナ元妃)に言ったほどよ。」

実はチャールズ皇太子との離婚を望んでいなかったダイアナ元妃にとって、ジェニィさんとのワークアウトは離婚後の辛い日々を救ってくれたともいえるよう。それだけに、熱心に通われていましたが、しかし、同時に別の問題も。
ダイアナ元妃がクラブに行けば、もれなくそこにはパパラッチやカメラマンの姿が!
想像しただけで、ウンザリ、というよりとてつもないストレスに違いないですね。

しかし、そんな最中ダイアナ元妃が考えられた、パパラッチ戦略があったのだそうです!
それはファッションを利用した策。
ジェニィさん曰く、なんとダイアナ元妃、クラブに行く時には全く同じ洋服を着て行かれたのです。
分かりますか?この意味。

元妃の到着を心待ちにして、張り付いているカメラマン達にとって、毎度同じ洋服=同じ写真、では見出しとしては全く新鮮味ゼロ。たとえ、日時が違っていても絵面は同じ、となれば価値はほぼなし、ですね。
頭いい〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
さすが、伊達にパパラッチに追われ続けていらっしゃる訳じゃあないですね。やられたらやり返す?並みに、負けていらっしゃらない(笑)。

しかもその服というのが、ネイビーに "Fly Virgin  Atlantic”と書かれたトレーナー! なんともポップなプリントが、むしろイヤミっぽい気すらしてさすがです!(笑)

調べてみたら、確かに1995年後半から1996年前半にかけて、同じスタイルがいっぱい!!!
いやあ〜〜あっぱれ!面白いですねえ〜。
今見ても、日にちが紛らわしくて、わかりにくかったです(笑)。
他のお洋服の時には、カメラのレンズを避けるように視線が逃げていますが、この服の時には、正面を向き堂々と歩かれてもいます。
むしろ、笑みを浮かべていらっしゃるダイアナ妃がちょっぴり恐ろしくも(笑)。
ジェニィさんも話されていますが、やはりユーモアのセンスがとてもおありだったダイアナ元妃というのがこのエピソードからも伺えますね。
これではパパラッチも、きっと笑って降参したことでしょう。

美しく聡明、ユーモアのセンスまでとは、まさに無敵のダイアナ妃、をまたまた実感します。
そして、やはり服は語り、時に手段ともなりうることを、またしてもダイアナ元妃から教えていただきました。

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)