PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

英国王室で今年3人目! ガブリエラ・ウィンザー令嬢が婚約

Photos:Getty Images

英国王室で今年3人目! ガブリエラ・ウィンザー令嬢が婚約

20日、バッキンガムパレスが発表! エリザベス女王の従弟にあたる、ケント公爵家次男マイケル・オブ・ケント王子の長女、レディ・ガブリエラ・ウィンザーが婚約されました、
通称“エラ”と呼ばれているレディ(令嬢)は、現在「ブランディング・ラテン・アメリカ」というブランディング会社で、シニアディレクターとして働かれたり、またライターとして寄稿もされたりと、幅広くご活躍の37歳。
王位継承順位は52位と上位ではないですが、その美貌やスタイルの良さに加え、全身から漂う品の良さは、さすが生まれながらのご令嬢!といった印象を、感じさせられます。

そんなレディ・ガブリエラを射止めたお相手は、トーマス・キングストン氏。フロンティア市場投資会社の「デヴォンポート・キャピタル」でディレクターとして働く、年上のイケメン。
年齢不詳なことも含め、かねてからロイヤルファミリーとの繋がりはあるものの、この方の詳細が明らかになっていないという事実から見ても、きっと取り巻く身辺がしっかり守られ、お口も固いよう。そんなところも含めて、まわりの信頼にも繋がるのでしょう、以前から、母親受けは間違いない、さわやか青年!と称され続けてきたキングストン氏。
だからこそ、マイケル・オブ・ケント王子ご夫妻も、認められたのでしょう。

おふたりが婚約されたのは8月で、プロポーズは、イギリス海峡のチャンネル諸島に属する、サーク島でされたのだそうです。
レディ・エラのご両親、マイケルオブケント王子&マリー=クリスティーヌご夫妻は、パレスを通して、「娘の婚約について発表ができることを大変喜ばしく思っています。」とコメント。
このお母様といえば、昨年末メーガン妃との初対面の日に、人種差別的なニュアンスのあるブローチをつけて同席されたことに対し、国民からの激しい批判を浴び、謝罪コメントを出されたことでも記憶に新しいですね。

そのうえ、2006年までの約3年間、レディ・ガブリエラが交際されていた元恋人でジャーナリストのアイーティッシュ・タシア氏が、今年4月に『ヴァニティ・フェア』へのインタビューで「バッキンガムパレスのプールでふたりで裸で泳いだ。」だの「ウィンザー城でドラッグを。」などと爆弾発言し、真偽を含めて大きな話題に。なぜ今頃になって??と思いますが、パレス内はさぞ騒然と、と推測。もちろんノーコメントでしたが。
しかもタシア氏、その後同性婚をし、ちゃっかりご自身は落ち着いちゃうという、なんともお騒がせな人。

レディ・ガブリエラの心中はいかに?とお察しするも、ネタはまだ尽きず。
実はフィアンセのキングストン氏は、兼ねてからキャサリン妃の妹ピッパさんの元カレだと言われていた方!
2011年に知り合い、2013年にチェルトナム競馬場に一緒に登場したことで、そのウワサに火がつきましたが、どうやらご本人のキングストン氏によると、「長きにわたって友人同士で、デートはしていない。」と交際に関しては否定されているようです。
  

GettyImages-163672789

ここ最近、まわりが騒がしかったレディ・ガブリエラですが、信頼できる誠実なお相手との婚約が決まり、やっと幸せになっていただきたい。
日程はまだ明らかにされていませんが、どうやら結婚式は来年の春と見られています。

婚約発表に際し、公開された記念ポートレートで、レディ・ガブリエラがお召しになっているドレスは、Teresita Orillacのもの。
フィット&フレアにフェザープリントが鮮やかなドレスは、2016年の春夏コレクションから。
実は以前、レディ・ガブリエラがデザイナーに直接インタビューをされている動画も発見。これまでにも幾度となくお召しになっているようで、公私ともに親しい、ご愛用ブランドのようですね。
 

身長も高く小さなお顔、とモデル並みのスタイルに、トレンドというより、王道のロイヤルスタイルがお得意のエラ嬢。
お帽子は基本、大きなつばでエレガントに、鮮やかなカラーのドレスに、普段はトラッドベースのシックなスタイルに、むしろ品を感じます。
もちろんソワレの着こなしは、さすがに慣れたもの。年齢ではなく堂々と、かつ控えめな着こなしは見習いたいものですね。
子供の頃から最新の2ショットのラブラブ写真まで、生まれながらのロイヤル、レディ・ガブリエラ スタイルもお楽しみください。 
 
>>ガブリエラ・ウィンザー令嬢の王道のロイヤルスタイル

それにしても、この1年の間に、ロイヤルファミリーの中で婚約発表されたのが、なんと3人目!!!
なんとおめでた続きの英国王室でしょう!
来月には、ユージェニー王女の結婚式、そして来年春には、レディ・ガブリエラと、まだまだハッピーなロイヤルウェディングが続きます。

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)