PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

キャサリン妃もお忍びで!?ファッショニスタ必至のアフタヌーンティ!

Photos:Getty Images

キャサリン妃もお忍びで!?ファッショニスタ必至のアフタヌーンティ!

本日は、最新のオススメロンドン情報!をお伝えします。
ヴィクトリア&アルバート・ミュージアムといえば、ロンドンを代表する国立博物館。現代&古美術に工芸・デザインと、多岐にわたる膨大なコレクションにクオリティや内容に、世界でも並ぶものがないとも言われていますが、昨年キャサリン妃がここV&Aのパトロンになられたことも注目を集めました。
大学ではアート史を専攻され、ご結婚後の公務を通してもアート好きがあきらかなキャサリン妃には納得!の発表でもありました。

そんなV&Aで、今月2日から開催されている、最新の展覧会が、『Christian Dior : Designer of Dreams (クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ)』
そう、ディオール!
 

Photo:Dior

Photo:ADRIEN DIRAND

 
 
戦後のファッションに旋風を起こした、1947年の“ニュー ルック”から現在に至るまでの、クリスチャン・ディオールの歴史はもちろん、時代に与えてきた大きな影響を振り返るとともに、偉大なるファッションハウスと英国との結びつきをたどるもの。
V&Aが所有のクチュール コレクションや、ディオールのアーカイブからの200点以上もの貴重なオートクチュールなどが展示されるほか、アクセサリーやファッション写真、スケッチ画、雑誌やヴィンテージの香水。クリスチャン・ディオール氏が所有していたプライベートのレアアイテムも並んでいるそう。 
 

Photo:Dior

Photo:ADRIEN DIRAND

個人的に大好きな“ニュー ルック”。その上、当時エリザベス女王の妹マーガレット王女は、いわばこのクチュールブランドのロイヤルアイコンでもありました。
まさに今でいうところの、フロントロウでコレクションをご覧になったりも。

GettyImages-514978310

 
なかでも注目はやはり、1951年マーガレット王女21歳のバースデーを記念したポートレート!
ディオールのクチュールドレスをお召しになった王女の美しさといったら♡そしてその写真も、V&Aのレアなコレクションのひとつです!
どうやら、そのポートレートも展示されてる模様♡これは必見です!!

ダイアナ元妃がブランドのアイコンバッグを愛用されたり、昨年にはメーガン妃も、コモンウェルス・サービスの式典の際、ビスポークのディオールドレスをお召しになったりと、世代が変わっても、ブランドとロイヤルファミリーとの関係は続いています。

この展覧会を記念して、もうひとつうれしいニュースも!
以前書いた、私の「ロンドン紀行」でもオススメしたことのある、ザ・バークリー・ホテルのアフタヌーンティ!
今や、ファッショニスタ御用達アフタヌーンティとして知名度もアップした、こちらの売りといえば、毎シーズン、ロンドン・ファッション・ウィークに合わせて数ブランドとコラボ&考案された、ファッショナブルでカラフルなビスケットやケーキの数々ですが、現在、このV&Aの展覧会に合わせて、ディオールのアフタヌーンティがスタートしました!  

-

1949年にパリ、ル・プレ・カタランでテオ・グラハムが着用した、ジュノ(Junon)と呼ばれるドレスをイメージしたものや、同じくニュールックの代表“バー・ジャケット”とソックリのビスケット(白のジャケット)も!
その他にはやはりここでもダイアナ元妃!愛用バッグ、レディ ディオールをイメージした赤いケーキなど、ブランドを代表するアイコニックなアイテムに、最新の人気アイテム、マリア・グラツィア・キウリによるジャディオール(J'ADIOR)パンプスソックリのビスケットも。

これまでも、2016年にエリザベス女王の90歳のお誕生日を記念したアフタヌーンティが話題となったり、実は昨年にも、メーガン妃のロイヤルメンバー入りを祝し、ロイヤルウェディングをイメージしたアフタヌーンティがサーブされていました。

次回の渡英時には、私も絶対ディオール展を見に行く予定ですが、もうひとつラブリーなアポが加わりそうです。

2015年に過去最高の来場者数を記録した、アレキサンダー・マックイーンの回顧展の感動も今だ記憶に残っていますが、デザイナーのマスターピースの素晴らしさは言うまでもないですが、V&Aの歴史的建物に豪華かつクリエイティブな展示手法となれば、もはやため息のみ。
今回のディオール展も同様でしょう。
V&Aのパトロンでファッション好きのキャサリン妃、ブランド愛好者のメーガン妃も、もしやどこかでお忍び訪問されるかも?

ディオール ワールドを存分に味わってドキドキ♡その後はザ・バークリーのコリンズ・ルームで、ロイヤルファミリー御用達、ローラン・ペリエかボランジェのシャンパンロゼとともに、優雅にアフタヌーンティを楽しみたい!
ロンドン在住の方、渡英予定のある方は、ぜひともチェックしてみてくださいませ。
 

 

2019年2月2日(土) 〜 7月14日(日)

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)