PRINCESS

Update:

【写真特集】ダイアナ元妃 華麗なるドレスが語る人生

8月31日は、ダイアナ元妃の命日。1997年、パリでの悲しい事故が起こっていなければ、現在57歳。ダイアナ元妃といえば、誰しもが思い浮かぶのは、モデルも顔負けのファッショナブルなお姿。最もスタイリッシュなロイヤルメンバーと言えるダイアナ妃のファッションには、その実結婚生活を象徴しているかのごとく、時代とともに大きく変わっていきました。いわば声にできない思いがファッションに象徴されていたのです。そのなかからいくつかのアイコニックなドレスを筆頭に、華麗なるドレスの裏に意味されたダイアナ元妃のロイヤルライフを振り返ってみましょう。

ダイアナ元妃

1989年10月17日

エルビスドレスで

ロンドンのロイヤル アルバート ホールで開催のファッションの祭典「ブリティッシュ ファション アワード」に登場したダイアナ妃。小さなパールが一面に装飾された、品よくゴージャスなこちらのアンサンブルは、ダイアナ妃によってエルビスドレスと名付けられ、国民にも大人気でした。一見シンプルデザインながら、ビスチェドレスに、スタンドカラーのジャケットは、ブロンドのショートヘアのダイアナ妃と見事にマッチして、ノーブルで圧巻のスタイルですね。

Pategop
www.farm-pump-ua.com

imagmagnetsns.ua

www.rbt.com.ua/