ジュエリー

Update:
2016/11/04

オフィシャルブライズが運命のリング選びを体験!

『ミキモト』の気品に満ちたエンゲージに感激!

日本を代表する高級ジュエラーとして圧倒的な人気を誇る『ミキモト』。『ミキモト』というと真珠のイメージを持つ人も多いかもしれませんが、ダイヤモンドジュエリーの品質や加工技術の高さは世界的にも有名です。そんな世界トップレベルのクオリティを体験すべく、が「ミキモト銀座2丁目本店」でエンゲージ選びを体験しました。

花嫁ブロガー彩さんが訪れたのは― 

ミキモト銀座2丁目本店

----------------------------------------------------------------------- 

選ぶ価値ある日本のトップジュエラーならではのクオリティ 
 
1893年に、世界で初めて真珠の養殖に成功して以来、日本が誇るジュエラーとして信頼を集めてきた『ミキモト』。日本におけるダイヤモンドジュエリーの礎を築いたのも、『ミキモト』と言っても過言ではありません。1911年には創業者の御木本幸吉氏がベルギーのアントワープにスタッフを派遣。宝石の加工技術を習得させ、ダイヤモンド研磨機や宝石加工機械を日本に初めて輸入したのです。そんな『ミキモト』のブライダルジュエリーは、日本人の指のバランスを知り尽くした日本のジュエラーならではの絶対的な存在感が魅力。品質、デザイン、技術のすべてを極めたクオリティが、“一生モノ”にふさわしい価値と美しさを約束してくれます。
 

_1

ハイジュエラーが軒を連ねる銀座並木通り沿いに佇む「ミキモト銀座2丁目本店」。1階から4階までフロアごとに、デイリー、ブライダルジュエリー、ハイジュエリーなどに分かれていて、それぞれに魅力ある世界観を楽しむことができます。今回、花嫁ブロガーの彩さんが試着体験をするブライダルジュエリーは4階。「真珠はもちろん、ダイヤモンドでも有名な『ミキモト』で、どんなリングに出会えるのか、ワクワクします!」と、。

_1

世界各国の王族や貴族などにジュエリーをお届けするコートジュエラーとしても知られる『ミキモト』。その真髄を見てとれるのがダイヤモンドジュエリーです。米国宝石学会の基準によってグレーディングされたダイヤモンドの中から高品質のものだけを選び、さらに「輝きのバランス」を重視する『ミキモト』独自の判断基準“Criterionクライテリオン”で厳選。スタッフのていねいな説明がダイヤモンドジュエリーの輝きにさらに真実味を与えてくれます。

_1

指が細く華奢な手もとの彩さんが探しているのは、ダイヤモンドの輝きが引き立つ、上品なデザインのリング。さっそく、スタッフがおすすめのエンゲージメントリングを何本が選んでくれました。「どのリングもアームが細く、シンプルなのにエレガント。ダイヤモンドの煌めきもゴージャスというより繊細で上質感が漂っていて。思わず背筋がシャンとする品のよさを感じます」。

_1

繊細な輝きのラインが指もとを優雅に彩って 
 
アームに連ねたダイヤが繊細に輝くこちらのリングは、爪も目立たず、すっきりとしたデザインが特徴。「光が一本のラインのように煌めくのがステキ! エタニティ風でもゴージャスになりすぎないところがお気に入りです」。ストレートアームなので、マリッジはもちろん、さまざまなリングとの重ねづけも楽しめそう。 
 
[Pt,0.2ct~]¥300,000台~

_1

美しく咲き誇る花を表現したエレガントなソリテール 
 
花びらを重ねて作るメリアブーケをモチーフにした「MIKIMOTO MELLIA」。爪を花のガクに見立てたリングには「花嫁の人生が輝かしく花開くように」という願いが込められているそう。「爪が『M』の字にデザインされているので、ダイヤにあらゆる方向から光が当たって本当にきれいに輝くんです!」と、思わずうっとり。 
 
[Pt,0.18ct~]¥200,000台~

_1

手もとをフェミニンに彩る人気のエンゲージメント 
 
中央のダイヤに寄り添うようにふたつの脇石が添えられ、華やかに煌めく人気のデザイン。繊細かつ華やかな『ミキモト』らしいリングが薬指をフェミニンに演出します。「中央に向かって細くなるアームなど、全体として女性らしい印象です。男女問わず、好感度が高くロングセラーというのにも、納得です」。 
 
[Pt,0.18ct~]¥200,000台~

_1

上品な白を基調にしたリングボックス。ノーブルな輝きは世界が認めるミキモトならではの気品にあふれています。リングにはふたりのイニシャルや記念日などを無料で彫ってくれます。

_1

エンゲージリングまたは、マリッジリングをペアで購入したカップルには『ミキモト』オリジナルのブライダルリングボックスをプレゼント。中にエンゲージ&マリッジを収納できるようになっているため、結婚式のリングピローとして使うカップルも多いそう。デザインが変更されたり、プレゼントが終了する場合もあるので、事前に確認を!

撮影/田村浩章 取材・文/堀 朋子   ■この特集中で紹介された商品は石の大きさや品質、サイズにより価格が異なります。表示された価格は、税抜きの本体価格です。

■お問い合わせ先/ 
ミキモト銀座2丁目本店 tel.03-3535-4611 
東京都中央区銀座2-4-12   
営業時間/11時~19時
定休日/不定休 
価格帯/エンゲージ¥200,000~、マリッジ¥75,000~

『ミキモト』直営店では、2016年11月4日(金)から12月25日(日)まで「ミキモト ブライダルフェア2016 クリスマス」を開催。期間中にエンゲージリングまたは、マリッジリングをペアで購入されたカップルに特別なプレゼントを用意。ぜひ足を運んでみて!

from ELLE mariage

Pategop
topobzor.info

binaryoptions21.com

https://make-up.kiev.ua